平野陽三は何者で経歴は?前澤友作の宇宙旅行同乗者として誰?と話題に

スポンサーリンク

株式会社ZOZOTOWN創業者の前澤友作さんが2021年12月にロシア宇宙船ソユーズに登場し、国際宇宙ステーション(ISS)で12日間の滞在を予定していますが、記録係として平野陽三さんも同乗します。

平野陽三さんは前澤友作さんのマネージャーとのことですが、どんな人でしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク
目次

平野陽三さんの経歴

  • 1985年愛媛県出身
  • 2007年ZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイに入社し撮影部門のマネジメントを担当
  • 現在はZOZOの関連会社TRENTの役員

現在は株式会社TRENTの役員 とのことですが国際宇宙ステーションに行く際は12日間の滞在中の撮影を担当するとのことで、前澤友作さんと一緒に宇宙旅行のための訓練をしています。

※一番左が平野陽三さんです

2021年10月に日テレ系「行列のできる法律相談所」でのインタビューに平野陽三さんが出演の際、前澤さんから宇宙旅行に誘われたときは「まさか自分が誘われるとは思ってなかった。こんなチャンス二度とない」と言ってました。
まあ前澤さんが旅行費用50億円を出してくれるんですからいいかもしれません。

宇宙旅行のために過酷なトレーニング

現在前澤さんとともに平野陽三さんはロシアで体力訓練をしていますが、その内容は宇宙服を着て地球へ帰還シュミレーションや、離着陸時に発生する重力に耐える訓練回転椅子に座り三半規管を鍛えるテストなどをしています。
実際宇宙ステーションでの重力は3~4Gのようですが、トラブル対応できるように8Gまでの訓練をするそうです。
体重が50kgの人だと3Gの重力は体に150kgかかるので、8Gは400kgなので、相当きついですね。
でもトレーニング中の前澤さんめっちゃ楽しそうです!

https://twitter.com/yousuck2020/status/1446768239061528581

国際宇宙ステーションでは持ち込み制限が

思ったより厳しくない持ち込み制限

国際宇宙ステーションへ持ち込んでいいものには制限があり、ライターなど可燃性のあるものはもちろん、高級時計なども気圧が変わって破損するかもしれないものも持ち込めないそうです。
もし、高級時計を持ち込みたい場合は破壊して耐久テストしてから持ち込むようです。
あと、意外ですがパンも食べてはいけないそうです。理由はパンくずがステーション内の機械に入り込み故障や火災の原因になってしまうことを防ぐためだそうです。

国際宇宙ステーションで何をするのか

前澤友作が宇宙に行く目的とは?

前澤友作さんが宇宙に行くきっかけはある旅行会社の人に今は宇宙旅行にも行ける時代だと紹介されて興味をもったことだったそうです。
行列の番組内では、地球を遠くから見てみたい、オナラの勢いで無重力空間を飛べないか試したいと言ってました。
youtubeでは国を上げて国家予算で行く宇宙飛行士ではなく、民間の人から見た宇宙とはどうなのかをみんなに伝えたいと言ってます。
また、宇宙ステーションで前澤さんにやってほしいこと・持っていってほしいものがあればyoutubeで募集しているようなので、興味のある方は調べてみて下さい。

平野陽三さんは何者で経歴は? まとめ

平野陽三さんはZOZOに入社してから長いこと前澤さんを支えてきた人なんだと思います。そして信頼されているから宇宙旅行にも一緒に行けるんだと思います。
一人50億円もかかる旅行ですから、信頼できる人を連れていったほうが安心ですよね。
平野陽三さんのインスタは前澤さんの写真ばかりですが、やはり撮影部門にいたおかげかとてもきれいな写真ばかりです。
2人の宇宙旅行楽しみですね。以上平野陽三さんまとめでした。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる