栗原類も母もADHD障害持ちだった!生い立ちや克服方法がすごい!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
栗原類
スポンサーリンク

モデルや俳優として活躍している栗原類さんはADHD(注意欠陥・多動性障害)で、母親の泉さんも同じ障害を持っているそうです。

小さい頃から障害を持っていることで人間関係や進路で苦労してきたようですが、現在はネガティブなイケメンモデルとして活躍しています。

そんな栗原類さんの生い立ちやADHD障害の克服方法についてお調べしましたのでご紹介します。

スポンサーリンク
目次

Contents

栗原類も母もADHD障害持ちだった!

母親の泉さんと類さん

1994年12月6日東京生まれ、2023年で29歳の栗原類さん。

母の泉さんは英語を勉強するために20歳でニューヨークに留学し、その後ロンドンに引っ越してイギリス人の夫と出会います。

交際は長くは続かず、別れた後に類さんを妊娠したことに気づいたそうです。

そこで帰国し日本で出産し、類さんを育てるために通訳の仕事をしていたといいます。

5歳のころニューヨークに引っ越し、8歳で学校にいる専門家から「お母さんは明らかに典型的なADHDですね」そして類さんにも障害があるだろうとテストを受けることを勧められました。

テストの結果、泉さんとタイプは異なるものの、類さんも発達障害であることが確認できました。

スポンサーリンク

栗原類の悲しい生い立ちとは

日経ウーマンより

小さい頃から周りのものに関心を示さず、注意力散漫で忘れ物が多かった類さん。

記憶力が弱いためついさっき聞いた話が数分後思い出せず、ニューヨークでも英語の習得がなかなかうまくいかなかったそうです。

ニューヨークで類さんが発達障害と伝えられた時、泉さんはこれまでの言動には理由があったとわかった安堵とともに、どう対処したらいいのかと悩んだと言います。

将来を見据えて日本の学校生活にも馴染んでほしいのと、経済的理由で類さんが小学5年生のときに帰国します。

すると当時日本のランドセルの色は黒なのにえんじ色の横型を背負っていたせいで陰口をたたかれます。

英語で独り言をつぶやくと、「アメリカに帰れ。英語人」と暴言を吐かれていじめに悩む日々を過ごしていたそうです。

高校受験にも失敗し、行ける学校がなくなってしまった類さんは通信制高校に進学しています。

栗原類のADHD障害克服方法とは

類さんがADHDと診断されたため、主治医の高橋先生と定期的に生活習慣や人間関係などを相談していたといいます。

いじめ問題に悩んでいた類さんは母・泉さんに相談すると「転校しよっか」と言います。

しかし高橋先生はいじめは社会に出てからもずっと続くことだからある程度耐えなければいけないので、転校はせず自分自身で克服する方法を身につけさせる時だと転校は勧めなかったといいます。

類さんも友達と離れるのは心苦しく、転校しなかったおかげで心の体力がついたそうです。

また類さんはゲームが大好きで夜遅くまでゲームをして朝起きられず学校に遅刻していたこともあったそうですが、ゲームしていいのは朝の時間だけにすることで遅刻癖を改善しています。

栗原類の英語は勉強して身につけた

栗原類さんはイギリス人の父とのハーフですが、父は泉さんと別れた後に旅行先で事故にあい亡くなっています。

5歳から11歳までニューヨークにいたそうですが、ADHDの障害のせいですぐ覚えられるようになったわけではなく、自身で勉強して身につけたそうです。

動画内の類さんの英語は、ネガティブキャラで出てきた類さんらしいテンション低めのペラペラ英語が聴けますね。

17歳でTVオーディションに合格し、「アウトXデラックス」に出演の際、マツコさんにネガティブすぎるイケメンとして取り上げられて話題になります。

そこから俳優としての道を切り開き、たくさんの映画やドラマに出演できるほどの人間になっているのはすごいことですよね。

これからの栗原類さんの活躍も応援していきたいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次