【動画】次回予告で本多忠勝が討死は面白いとの声!実際の死因は何?【どうする家康】

山田裕貴
スポンサーリンク

2023年1月15日放送の大河ドラマ「どうする家康」では、本多忠勝の家康への嫌悪感が忠誠に変わりそうな展開となっていきました。

そんな矢先の次回予告で「本多忠勝・討死!」との予告に「早すぎる」「おかしいでしょ」と話題になっています。

そこで本多忠勝は討死されるのか、次回予告はどうなるのかご紹介します。

スポンサーリンク
目次

【どうする家康】本多忠勝

ドラマ「どうする家康」1話では仕えていた義元が討ち取られ、敵軍近くの城で取り残された家康たちに、織田信長の軍勢が近づいてきます。

戦うのか、逃げるのか選択肢を迫られた松本潤さん演じる家康は一人で逃げようとするも、山田裕貴さん演じる本多忠勝に見つかり、「卑怯者!」と罵られ城に戻されます。

結局城から逃げることを伝え家臣のいうことを聴き三河へ向かう途中にも、敵のわなに遭い、何とか岡崎の大樹寺に逃げ込みます。

自分が生きている限り大事な家臣が死んでいくなら、自分が死ぬしかないと煮詰まった家康へ本多忠勝は駆け寄り、

ふざけるな!
俺のまことの望みは、お主を主君と仰ぎ、
お主を守って死ぬことであったわ

と忠誠心があることを伝えます。

サムライらしいかっこいいセリフですね!

スポンサーリンク

【動画】本多平八郎忠勝、討ち死に。

そして2023年1月22日放送の次回予告に「本多平八郎忠勝、討ち死に。」と伝えられ、視聴者の多くが混乱する事態になりました。

本多忠勝の実際の最期は?

本多忠勝は関ヶ原の戦い後に桑名藩10万石の藩主となりました。

つまり関ヶ原の戦いまで生きているのです。

生涯で参戦した57回もの戦の間にかすり傷ひとつ受けたことのないと言われる本多忠勝が、次週で死ぬのは寂しいですね・・

関ヶ原の戦い後は桑名藩の藩主となり、晩年は眼病を患っており、63歳で病死したとされています。

【どうする家康】嘘ばっかり!

「どうする家康」1話では、寺島しのぶさんによるナレーションが「我らが神の君は、いついかなる時も勇敢であらせられました」と語るシーンがありました。

ちょうどそのときに家康が一人で逃げる様子が映し出されており、「どこが勇敢?」と思わずつっこみたくなりました。

また今川の人質時代の話になり

「隣国の超大国、駿河の今川義元に服属しそれはそれはつらく苦しい人質生活を送っておられました」と語るときには人形で遊ぶ家康のシーンが映し出されていました・・

ナレーションも嘘ばかりなので、次週も本多忠勝は生きていると思います。

きっと視聴者が離れないようにするための過剰なタイトルをつけたのでしょう。

次週も楽しみに待ちたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる