成田悠輔は何者か経歴まとめ!元不登校児で睡眠障害持ちのサイコパス?

スポンサーリンク

東大出身で現在はイェール大助教授や会社経営者、コラムニストとしても活躍する成田悠輔さんが話題になっています。

成田さんは物事をデータをもとに伝えることを得意とし逆説的に聞こえても論理的に意見を言う天才と称されていますが、一方で過激な意見も目立ちます。

一体どんな人なのでしょうか。

スポンサーリンク
目次

成田悠輔は何者か?経歴について

不登校児で睡眠障害持ちでも麻布中学へ合格

成田悠輔さんは1986年生まれの東京都出身です。

父・母・4歳下の弟がおり4人家族でしたが両親は共働きで子供の時はほとんど親がいなかったとのこと。

成田さんは小学校の時から睡眠障害で学校までたどり着くことが出来ずそのせいで不登校ぎみだったと言います。

なんでも一度寝ると30時間は寝てしまうとのことで、学生の時は不登校の状況をまずいと思っていたそうです。

また父親は酒癖が悪く麻雀で数千万の借金を背負い成田が高校生のときに失踪しており、一般的に見るとあまり家庭環境は良くなかったです。

ですが当時のことを成田さんは「誰にも同調されなくていいし、何にも勧められたり、反対されない環境が結構よかった」と言っています。

不登校ですが勉強はかなり出来たようで私立の名門・麻布中学、高校へと進学しています。

麻布でも不登校は変わらなかったようで、高校では単位が足りず進級に影響が出て来るところを先生達が「プリント1枚の提出で出席10回に換算」の計らいでなんとか卒業しています。

中学生のとき柄谷行人のコミュニティへ

成田さんは学校には行かずブックオフやレンタルビデオショップに行き読書や音楽を一通り楽しんでいました。

そんな中コンピュータマニアに作ってもらったPCでコミュニティを探してたどり着いた先が柄谷行人(哲学者)のグループでした。

柄谷行人はその頃政治活動家が集まる怪しい社会活動を始めており、その活動の本を出版するにあたって注釈を成田に任せたそうです。

そのコミュニティが非常に楽しかったそうで、「学校には行かなくてよかった」と口にしています。

大学受験の準備はしておらず高校卒業後は引きこもりましたが、大学ぐらいは出てほしいと母親の嘆きに1年くらいして受験を決意し、独学で東大に入ります

その後は東京大学大学院経済学修士課程修了し、2016年には日本人と日本語で話すのに飽きて違う世界を見たいとのことで、マサチューセッツ工科大学にて博士学位を取得しています。

日本語なまりですが成田さんの話す英語はしゃべり慣れている感がありますね。

ちなみにマルと四角のメガネにした理由は、メガネ屋さんにどんなメガネを探しているかと聞かれ、

「新しいアイデアが落ちてくるメガネお願いします」と言ったら出てきたようで、引くに引けなくなり購入したとのことでした。

成田悠輔はサイコパス?

サイコパスとは一般的に正常とされている人格から逸脱しており、その人格が原因で自分自身や社会を悩ませる人と考えられています。

具体的には他人に共感できない・良心を失い罪悪感が全くない・口が達者で表面的に見ると魅力的に見える人のことです。

アベマTVに成田さんが出演した時の話です。

群馬県南牧村など高齢化が進み人口が少ない集落では郵便物がいつ来るかわからない郵便物のために、郵便員を配置しなければなりません。

コストがかかり企業側も悩んでいるそうで、都市部の人たちが集落に住む人達のために余分に税金を払わなくてはいけないと思う人もいるようです。

水道管や道路、宅配便も同じく悩みの種になっています。

この問題についてどう思うか聞かれた際、成田さんは

「結局、高齢者の集団自決、集団切腹みたいなのしかないんじゃないか。

僕はこれを大真面目に言っていて、やっぱり人間は引き際が重要だと思う。

別に物理的な切腹ではなくて、社会的な切腹でもいい。

過去の功績を使って居座り続ける人がいろいろなレイヤーで多すぎる。

これがこの国の明らかな問題だ」

と発言し、現場は凍りついていました。

また、2ちゃんねる創設者のひろゆきさんから貧乏で困っている人へどうアドバイスするかの問いかけに「死ねばいいんじゃない」とも答えており、サイコパス成田と言われていますが、意外にも支持者が多いです。

https://twitter.com/semlabo/status/1465100602115985409

成田は言ってはいけないことをみんなが言わないから言ってるだけ

「集団自決」「人は適切な時期に”切腹”すべし」などの発言でその真義を聴かれて成田さんはこう答えています。

あれは「言ってはいけない」ことでした。

しかし、古い格言にあるように「言ってはいけないとされていることはだいたい正しい」とも思っています。

言ってしまうと社会がギスギスして機能しなくなってしまうので、みんな言わないでおこうという決め事がこの世界にはたくさんあります。

「言ってはいけない」決め事で社会が維持されていると言えます。

ただ同時に、その状況が長く続くと、人と社会もその決め事の裏側にある問題や真実を忘れて気づけない状態に陥ってしまう。

テレビやwebメディアで「言ってはいけない」リストが日々増え続けています。

それによって私のような発言をする人が少なくなってしまった。

まあ私自身言っても得になることは何もないとわかっていますが、あまりに誰も言わないのでリマインダーを…という感じです。(引用:みんなの介護)

まとめ

成田悠輔さんは若くて学歴があり、言いたくても誰も言えない、的を得た発言で人気があるようです。

これからも注目を浴びると思いますので、期待していきたいと思います。

以上まとめでした。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる