【動画】横浜流星のサッカー選手役がかっこいい!【オールドルーキー】

横浜流星
スポンサーリンク

2022年6月26日のTBS系ドラマ「オールドルーキー」の放送で、横浜流星さんがサッカー選手として出演しました。

横浜流星さん演じる矢崎十志也は、ドイツで活躍する我が強くてワガママでチャラい役柄のようです。

そんな横浜流星さんのかっこいいサッカー選手役を動画や画像でまとめましたのでご紹介します。

スポンサーリンク
目次

【動画】横浜流星のワガママサッカー選手役【オールドルーキー】

横浜流星さん演じる矢崎十志也は、ドイツリーグで活躍するサッカー選手ですが、今回日本に一時帰国してきたようです。

サングラスかけてイケイケな感じは普段見れないですね。

チャラくてオラオラ系の雰囲気があります・・

ニヤリと笑う顔、ガラが悪くて素敵です(笑)

選手紹介の写真もカッコイイですね!

矢崎の一時帰国中、綾野剛さん演じる新町は練習相手やマッサージケアの手配などを会社として請け負う契約をしたいと申し出ます。

なんと新町は矢崎とは高校の後輩だったことが発覚し、必ず契約できるだろうと同行の深沢に期待をかけられます

矢崎は3週間の間に良質な練習場やマッサージ師にギャラ5000万以上のCM契約を持ってくるよう要求しました。

スポンサーリンク

【動画】ドイツで矢崎が孤立していると気づいた新町

態度のデカい矢崎はギャラ5000万円のCM契約は取れないという新町達の契約はしないとつっぱねます。

契約できなかった新町に社長はクライアント先の焼肉屋を手伝うよう厳しい仕事をさせました。

焼肉屋さんで働く新町のところにたまたま矢崎は現れ、一緒に食べようと誘います。

焼肉焼いてくれる矢崎さん、羨ましいですね!

生意気な契約の時とは打って変わって焼肉を焼いてくれる矢崎さんに、新町はプレゼンの時(契約しに行った時)とは別人だと言うと、今はオフだからと言います。

矢崎は

ドイツに行ってからワガママだと思ってるでしょ、俺のこと。
向こうじゃ、謙虚にしてたらレギュラー取れないんです。

と言ったので、新町は「日本にいるときくらい・・」と言うとすかさず

無理です。
自分がいない間にチーム構想変えてくるんじゃないかとか、
ライバルが移籍してくるんじゃないかとかずっと考えてます。

と矢崎はサッカーを楽しんでやっているわけではないようです。

その日の夜、新町は矢崎のドイツでのプレーや監督、チーム達のことを調べ、矢崎が孤立していることを知り、もう一度サポートさせてくれるよう矢崎にプレゼンをしに行きました。

矢崎は日本にいる間に

  • ドイツのチームメイトと同じプレースタイルの選手を用意
  • マッサージは以前矢崎を担当した人を手配
  • CMはイメージアップにつながる2社を用意しました。
https://twitter.com/luv__916/status/1541055409787527170

孤立している矢崎を思った新町のプレゼンに、矢崎いわく新町は周りに優しすぎるからダメだったんじゃないかと伝え、サポート契約を受け入れます。

矢崎の「いいよ」最高ですね(笑)

ツイッターも大盛り上がりです。

https://twitter.com/kaoru09161/status/1541047533928996864
スポンサーリンク

横浜流星は、実は球技できない

横浜流星さんは、柔道で中学時代全国大会を制覇する実力を持っていますが、球技は苦手のようです。

2022年の年明けドラマ「DCU」では、海上保安官としてダイバーの役をやっていましたが、王様のブランチで泳ぐのも苦手だと伝えていました

しかしさすがは横浜さん、ドラマのためにダイバーの資格を取ったそうです。

なんてカッコイイんでしょうか!

まとめ

以上横浜流星さんのかっこいいサッカー選手役を動画や画像でまとめました。

お読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる