【動画】VIVANTのスマホの声は林原めぐみ!翻訳機の声がかわいいと話題!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
VIVANTスマホ声
スポンサーリンク

2023年7月16日放送の日曜劇場「VIVANT」で、阿部寛の手下として働くドラムは日本語が話せません。

その代わりスマホの翻訳機で会話を成立させており、その声が声優の林原めぐみさんでかわいいと話題になっています。

そこでVIVANTの林原めぐみさんによるスマホ翻訳機の声を集めましたのでご紹介します。

スポンサーリンク
目次

Contents

【動画】VIVANTのスマホの声(翻訳機)は林原めぐみ!

https://twitter.com/falfal2_markV/status/1680581807274700800

阿部寛さんの手下・モンゴル人のドラムさんは、日本語が話せないそうです。

なので受け答えはスマホでやるそうで、その翻訳機の声が林原めぐみさんなので大柄男がかわいらしい声をして返してくれるのが面白いですね。

機器的状況でもかわいらしく説明してくれる林原さんの声の翻訳機のせいで、なんだかほっこり見てしまうこともありました。

ドラマの中盤はほとんど林原さんの翻訳機がしゃべっているくらいのシーンも多くて笑ってしまします。

スポンサーリンク

VIVANTのスマホの声(翻訳機)に世間は

https://twitter.com/ARASHl_NOGIZAKA/status/1680568198565974017

林原めぐみのキャラは

林原めぐみさんはエヴァンゲリオンの綾波レイや名探偵コナンの灰原哀、ポケットモンスターのムサシの声など、人気キャラクターの声を務めてきた人気声優です。

日曜劇場「VIVANT」に林原めぐみさんが出演と聞いた時は、どんなお芝居を見せるのか疑問でしたが、やはり声で出演したことに感服ですね。

林原めぐみさんの翻訳機の声は、おそらくドラムが出ている間だけだと思いますが、これからも「VIVANT」での林原さんの声に浸りたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次